夏おせち

%_header_image_alt_%
TOP > 口コミ > 夏おせち

夏おせち

http://item.rakuten.co.jp/shojikiya/os-001/

おせちは言わずと知れたお正月に食べる料理ですが、最近は真夏に食べるおせちが流行っているそうです。

おせちはもともと、お正月だけでなく七夕などの五節句に食された祝儀料理です。そのうち一番重要視されていたお正月の料理が今日にも習慣として根強く残って、こんな風に呼ばれるようになりました。

ということは、少なくとも五節句に食べなければおせちとは呼べないのですが、おせちによく似た形式で食べると言うことで、「夏おせち」という名前で暖かい季節にもおせちが販売されるようになってきたとか。

このごちそう、盆と正月が一緒に来たような、という表現がピッタリですね。お盆は家族が集まることも多いので、需要もあるのではないでしょうか。

もともと冷蔵庫がない時代から、重箱に日持ちする料理を詰めて、そのまま食べられるように進化してきたおせち。冷めた料理だからこそ、夏に食べた方が美味しくなるはずと2012年に関西で商品が開発されたそうです。

中身はよくあるおせちの定番料理のほかに、夏の素材にこだわった夏ならではの料理が加えられたものもよく見られます。

子ども向けのお菓子がメインになったものも人気だといいます。
2018おせち料理通販の口コミ人気ランキング@毎年売切れ!高級御節